「運動」を習慣化するならば

1月には、人はえてして今年こそ X と Y と Z などなどのことを必ずや成し遂げるぞ、と決意するものだ。そしてそれは大抵の場合月末を迎える前までには挫折する。なぜかと言えば何か新しいことを実現しようとすると、絶対に1回や2回ではできない訳で、それに取り組むためのあれやこれやの活動を地道に続けることを習慣化しないと、ムリだから。で、習慣化というのは皆様ご存知の通りかなりの難物なのである。

私を個人的にご存じの方々にとってそもそも私が運動の話をすること自体が異常なる違和感を催すものであろうことを知っているけど、ここが習慣化の最初のポイントで、私は1日3キロ走るとかそういうことを言ってるのではなく、とりあえず運動風なものであれば、その量もクオリティもさほど問わずになんかそれっぽければいいという、自称完璧主義者としては極めて鷹揚な態度を運動に対して持っているのだ。要は運動って何かを自分で決めているのである。
そして二つ目のポイントとして、1日のうちにやたらめったら色んな運動を、具体的なきっかけとともに発動したければできる状態にして、まるで罠のように仕掛けてある。即ち、

朝目が覚める:
ベッドの中で仰向けに寝たまま大腰筋エクササイズ(ドローインみたいなやつ)をする、でもやる気がなかったらやんなくてオッケー(以下全て同じ)

お茶を飲む:
電気ポットでお湯を沸かす約1分の間に30回スクワット

10時半になる:
パソコンにソフトを使って、ポップアップで「運動!」というアラームが出るようにしてある。そしてこの時に私が気が向いたらやってもいい運動を、Chromeに「運動」フォルダを作ってブックマークしてある。

今現在は以下のごとくである。

ラジオ体操第1
同第2
市大ストレッチ
全身運動で体温上げてウィルスに勝つ!
ストレッチャーズ エクササイズ#1【どこにも効かない3分間】
健身気功 五禽戯

因みに最後の五禽戯なんて正直今まで一度もやったことない。でもたまたま見かけて、なんか自分に向いてそうだなーと思ったので、再来年くらいにはいきなるやるかもしれないのでブックマークしてあるのだ。

午後4時になる:
ポップアップで、「外出!」と出る。外に出る即ち歩くので運動になる。

夜10時くらい:
風呂に入れば湯につかっている間アイソメトリック運動みたいな手と手を合わせて力を入れる的なことを、やりたければやる。

こうして仕込んで?おけばもはや、一日なんの「運動」もしないで終わる、ことがむしろほぼ不可能になる。つまり習慣化のモチベーションを著しく下げるいわゆる「スリップ」が起こらなくなるんですね。

私は以前スポーツジムに通っていたこともあるのだが、その場所に行くのと荷物があるのと着替えるのと、ウェアの洗濯等々がめんどうになって行かなくなり、その上解約するのもめんどくさかったので長期間幽霊会員としてスポーツクラブに莫大な寄付を行う結果となった。特別なことをするんでなくて、生活の流れの中に自然にいれるのがいいと思う。

絵を描きやすくするために画材を見える所に出しておく、っていうのもその類。ということで最後に無理やりアート方面に持って行った・・。

同じカテゴリーの記事

  1. 快楽主義

  2. やる気の不思議

  3. 速聴実験中

  4. 誤解されがちな順番

  5. マッチポンプ

  6. 夜の頭とパンと寿司

Blog「原初のキス」