絵画と五感

絵画というものは皆、基本的には眼で見るものと思っているかもしれないが、実の処五感の全てを使って、全身で感じているものだ。
だからそれは「体験」そのものである。マチエール(質感)など純粋なイメージというより物質感が問題にされるのも、それが体験しうる「現実に起こっていること」か否かが問われているという、そういうことぢゃないかしら。

 

 

 

 

同じカテゴリーの記事

  1. 絵画は続く

  2. 生命

  3. 版画

  4. 隠れたプロセス

  5. グルーブ

  6. タブロー

Blog「原初のキス」