わかりません

前も書いたことのあるアンディ・ウォーホルのこの言葉:

“Don’t think about making art, just get it done. Let everyone else decide if it’s good or bad, whether they love it or hate it. While they are deciding, make even more art.”

やっぱり気になって仕方がないのがなぜかというと、非常に皮肉っぽく(資本主義上の効率みたいなことに絡めて)言ってるのか、本気で言ってるのか、どう読めばいいのかがわからないことだ(わからなくなるのは言ってるのがウォーホルだから、ということ)。
どこでいつ言ったのかとか前後の言葉とか確認してない自分が怠惰と言えばそうだが、一方でどう考えてもこれは、とりあえず自分は「本気で」受け止めてソンはない言葉であるという気が、する。

同じカテゴリーの記事

  1. ラウシェンバーグ「GLUTS」

  2. 北川健次氏の教え

  3. 「おそ松くん」とローマ皇帝

  4. 絵画史上最強美女

  5. 絵画史上最強美男

  6. ダ・ヴィンチは少数派

Blog「原初のキス」