自然の本体

バランスを取る、というか、ほっといても取れていってしまう、というのが自然の本体だと思う。それに加え人間の頭には表象作用があるために、昨今のコロナ問題はやはり何か世界がそれ自体としてバランスを取る動きである、という風にどうしても見えてしまう。

我々は分断しつつあったのだが、分断なんてありえず(ウイルスは境界を超えてあまねく広がろうとする)、世界は完全な協調とは言わぬまでも多かれ少なかれ似たような一つの動きをするのが基本になる。しかもその時、形としてはむしろ分断(自粛とかSocial Distanceとか)という様相が出張ってくるのだ。

このあたりの采配が自然に生じるあたりが、実になんというか奇妙であり驚異でもある。

同じカテゴリーの記事

  1. 「アナログ」の出番

  2. ムズムズしない

  3. 数でハッキリ

  4. 個人的証明

  5. 何もないのが、一番ゴージャス

  6. 非論理性はストレスである

Blog「原初のキス」