描けない

慶應大病院「新型コロナ以外」入院患者、5.97%で陽性

というニュースを見ると、単純計算で東京に既に80万人位感染者がいても全く非科学的な推計でもないということになるのかな。今日は132人の感染確認、ということだが、この数字を見ている意味をどう捉えるか、自分のIQが問われているような気がしてきた。

描きたい絵があるとしても、目を閉じてたらその絵は描けないと思うのだけれど。

ともあれ、今自分のやることは自分の現在の職業や境遇などから、自粛とか手洗いとかの他に別にヴァラエティーがある訳ではなく、もはや関心はクリティカルシンキングとかロジスティクス、コミュニケーションとかいうものにシフトしているのだが、その関心に沿うならば山中先生と本庶先生の話と情報だけ聞いていたらば、頭を至極スッキリに保てるのであった。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

京都大学免疫ゲノム医学2019(本庶先生提言)

 

 

 

同じカテゴリーの記事

  1. 世の中の基本要素

  2. 何もないのが、一番ゴージャス

  3. 殆どの人にとってはどうでもいいようなことに改めてハッとするの…

  4. どっちが牛耳っているんだろう

  5. 間違ってる感というもの

  6. 文化的「国力」

Blog「原初のキス」