創ろうとしない

全く「創ろうと」してない(それでいて素晴らしい)絵が結果としてできることは可能か、というのが自分の非常に切実に関心のある問いなのだが、それは人間がアートをやるってことと根本的に矛盾しそうで、でも矛盾しているからこそ試みる価値がある、と感じられる。

言葉は難しいですけどね。試みると言った途端に、「意識的にやる」感じになるのだもの。

同じカテゴリーの記事

  1. 学びということ

  2. 黒い虫と絵画

  3. あの人の処遇

  4. 人魚とランチ

  5. 墨の懐

  6. 失言と全体視

Blog「原初のキス」