ハトよりこわがり

夏の頃だったが、奥沢の駅で友達と待ち合わせをした際、駅前の噴水が急に吹きあがって飛び上がるくらい驚いてしまった。噴水の縁にいたハトたちは一羽としてぴくりともしなかった。

私を驚かしても誰も得をしないのでムダだが、それにしてもたいていの、特に駅前の噴水というものは、大変にムダな感じがするのはなぜだろう。なんだかもっといいお金やスペースの使い方がある感じで、存在そのものが腑に落ちない。

同じカテゴリーの記事

  1. 増税と怪我の功名

  2. うみかおか

  3. 自動販売機の中身に驚くの巻

  4. 駅の水モレのなぞ

  5. ほぼ80%の確率

  6. ピーポくん

Blog「原初のキス」