表現は自由

「表現の自由」という言葉は個人的には使うことのない言葉で、理由はあくまで論理的な座りの悪さを感じるからだ。

何かを言ったら糾弾されるから言わない言えないというのも「自己決定」を完全に行使しており、その意味で自由は確保されている。

自己決定をして表明した表現に対し弾圧・糾弾するのが問題だともし言いたいなら、「表現の弾圧が問題」、と具体的に言った方がいいように思うのであって、それを殊更「表現の自由」が侵されている、とか言ってうんぬんするのは、ちょっとウソっぽい感じがするのである。

(と、以前書いたブログを一部改訂して再録しました)。

同じカテゴリーの記事

  1. 見えないものへの感受性

  2. あの人の処遇

  3. 学びということ

  4. 黒い虫と絵画

  5. 捨てがたい魅力

  6. 失言と全体視

Blog「原初のキス」