穴に落ちた話

自分に対してはともかく、あまり人に対して怒るということがない性格だが、ごくごく稀に怒ることがある。

かなり昔大学生だった頃に、大雨の日があって、大学構内が水浸しになっていた。膝近くまで濁った水がたまっているので、何も見えない。そろそろ歩いていたら急に穴に片足が落ちて、腿の上の方までびしょぬれになった。泥水の下の排水溝の蓋が、開いていたのである。

傍に立っていた守衛に、「なぜ蓋を開けているんですか。危ないじゃないですか!」と言うと、「水を流すためですよ。」と彼は言った。このときはさすがに腹がたった。

それが、真剣に怒った今のところ最後の記憶である。

同じカテゴリーの記事

  1. 父と花

  2. メモ魔という存在 

  3. テスト

  4. ささやかなぢごく

  5. 明らかな失敗、巧妙に偽装する失敗

  6. 学者には向かない性格

Blog「原初のキス」