禅亀

ある日、目黒の自然教育園で池のほとりに立っていたら、遠くの方から一匹の亀がゆっくりやってきて、濁った水の中から鼻づらを出してしばらく私の方を見ていた。

やがて来た方向に帰っていき、また戻ってきたときにはひとまわり小さい亀と一緒で、二匹で私を見ていた。
それからまた戻っていって、今度来たときはさらに小さい亀を一匹連れていた(親子!?)。
何を期待されていたのだろうか。でもあげられるものは何もなかった。

また別の日、池を見ていたら、三匹一遍にやってきた。
池には亀がたくさんいるので、前の亀とは違うだろう。
それも大中小で親子みたいだった。

が、そこではっと気づいたのである。
三匹いたら、必ず大中小になるということが。

人間はいろんなことを考えたり解釈したりしている。
実際は、池のそばで突っ立っているだけだったにしても、脳のCPUは、結構使った。

同じカテゴリーの記事

  1. 白昼絶叫す、の巻

  2. お犬の能力と仕事

  3. お犬の尊敬ポイント

  4. お犬のフレキシビリティー

  5. 見ることは

  6. 台風と、鳥や虫たち

Blog「原初のキス」