脇にある宝

朝、制作上のある技法を試していたら、狙っていたのと別の方向で脈がありそうなものが現われた。

知人の親戚だからというのでさほど期待せず見に行った展覧会が、今年見たものの中で最も素晴らしい展示だった。

日本初の生チョコ屋でお菓子を食べながらお茶をしようとしたら、カフェ部門は大分前に閉鎖しており、タクシーを待っても全然こないので仕方なくバス停まで歩いたら次のバスまで20分以上あり、近くのアンティークショップに入ったら掘り出し物がわんさかあった。

夜ダンスを見に行ったら、ダンスより、伴奏の方がずっとよかった。

こういうことはとてもよくある。いや、なかったらたいそう困る、と思う。

同じカテゴリーの記事

  1. 100円の思い出

  2. 知恵

  3. テープのり、テープかのりか

  4. 境界を見極める、と、魚なのに鳥

  5. 天井裏の巨大動物

  6. 白身の味に驚くの巻

Blog「原初のキス」