鴻池朋子「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」

鴻池朋子「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」(東京オペラシティ アートギャラリー)。

絵本原画や小説挿画、襖絵、大きなオブジェまで、形式の違いも筋の通った展示シナリオで展開。

「文字を読むのと同じような速度で」足早に通り抜ける自分。
物語性にはある種の危険性が伴う。見るものは、方向づけられた意識によって、そこにある非常に豊かな情報のいくばくかを、吸い上げるのをつい怠ける。

 

同じカテゴリーの記事

  1. 宮本三郎を見る

  2. 「河口龍夫展 言葉・時間・生命」@東京国立近代美術館

  3. 内海聖史「千手」

  4. 全体か片隅か ラフォーレ「カール・ハイド展」

  5. わからないけどおもしろい「古代ギリシャ展」

  6. 絵具の絵 ~ 杉田陽平「マテリアル・ワールド」

Blog「原初のキス」