本日の妄想

G7の後安倍さんが、オリンピックは完全な形で実現すると発言し、時期を聞いた記者に対しわざわざ足を止めて同じ事を繰り返したのをテレビで見た。自分は最後に真剣に怒ったのが30年以上前という比較的穏やかな人間だが、今回はハラが立った。
例によってつい妄想を炸裂させる。自分が記者だったら 「総理、日本語がわかりません!」と叫んだであろう。それによってクビになっても構わない。

その後ワイドショーで「完全な形」の意味を憶測するの図が長いこと展開していたが、相手は言葉であって、各国の検査数と致死率から日本における感染者数の類推をするといったような少なくとも数字をベースにする議論もできない。

て、ことで結論はいつも同じなんだけど美術は(原則的に)健全だと勝手に思ったりするのだった。
常に見たまんまで嘘やごまかしや曖昧が効きづらいからで、その意味で人の脳のリソースをむやみと奪わないからである。ヤだったら離れればよく、総理ほど国民たる自分に絡んでこないしね。

同じカテゴリーの記事

  1. 非論理性はストレスである

  2. 三密とアナログ

  3. 視線の上下左右とスウェーデン

  4. (極私的)飲食店大淘汰時代

  5. 素朴に納得

  6. ムズムズしない

Blog「原初のキス」