びっくり

先日銀座のギャルリーためながへ、40周年の名品展を見に伺った。

水の中の宝石のようなキスリング、どこまでもやさしく誰をも迎え入れてくれるルノアール、空中から魔法使いみたいに線を集めてきたようなクレーやカンディンスキー。技量の鍛錬とかとはまったく別の次元で、どうしてここまで正面突破で素朴に単純にできるのか、名作を見ていつも驚く。いい意味で心底よくやるなー、と思う。

徹底的な作為を経て無我・無作為の境地に至ったと修行好きの日本的感性からは思いたくもあるが、実のところどうなのかな。ねばならない、がない感じ。「自分」には全然興味がないのだが、その結果むしろばっちり「自分」がでている感じ。

こういう風にものを創るということは、自らに100万回言い聞かせても足りないくらい重要なことなのだが、つい忘れる。

だからいいものを見て、思い出すことができるのはほんとうに幸せなことだ。

同じカテゴリーの記事

  1. 早川祐太/ジェームス・ウェリング “Flow&#…

  2. 見たまま

  3. ロニ・ホーン展 おおきな文脈 @Rat Hole Galle…

  4. 展示のリアル ~ クリムト展@東京都美術館

  5. 全体か片隅か ラフォーレ「カール・ハイド展」

  6. 感覚のクリアネス

Blog「原初のキス」