天井裏の巨大動物

夏頃から、家にいると窓際の天井の方でときどきかつかつ音がする。
うちの犬が爪が伸びたとき、歩いて床にあたる音にすごく似ている。

思い浮かべたのは、巨大化したねずみが天井裏いっぱいにみちみちになって動けなくなっており、その前足の爪があたって音を出しているという図。動物っぽい音がいつも同じ場所からすることを踏まえた論理的仮説である。そのねずみが何を食べてそれほど大きくなったかまでは考えない。

友達が来たとき、天井裏に動物がいるかも、こわいから見て、と言って見てもらった。
「風でカーテンが揺れると、カーテンレールにカーテンをとめる金具があたって音がしている。」とのことであった。

この夏リフォームをしてカーテンと金具を変えた。夏は窓も開けているし、だから金具がゆれて音がしていたのね。

 

同じカテゴリーの記事

  1. 真理に近い人々

  2. 脇にある宝

  3. ラブ君との散歩

  4. 柱と助言

  5. レストランで100円との戦いを思い出す

  6. SENGUと軽傷

Blog「原初のキス」