欠けたものの力

心理的であれ物質的であれ、欠けているものを埋めようとすることに、我々は血道をあげる。
欠落というのは、まさにそこに存在していないがゆえに、あらゆるものの内でも最も強いエネルギーを有するもののひとつだ。
アートの表現で、饒舌という方向に自分があまり魅力を感じないのはそのせいもある。

 

同じカテゴリーの記事

  1. あの人の処遇

  2. 黒い虫と絵画

  3. なぜ絵を買うか

  4. 信じない

  5. 否定

  6. 何を見ても何かを

Blog「原初のキス」