明治末期の自己暗示

森鷗外「半日」是蘭挿画

30前後の頃ではなかったかと思うが、私は暫くの間毎晩、真夜中の1時47分に目が覚めていたことがあった。
何時に寝ようが関係なく、夜中に一回だけぱちっと目が開き、それが必ず1時47分だったのである。

今思うに、たまたまそのあたりの時刻に起きることが続いて、自分に「また1時47分に起きる・・」という暗示を与えていた可能性がある。ちなみに「起きる時間をしっかり想ってから、あるいは3回位唱えてから寝る」は、目が覚める時間を制御する上で明確な効力があることは、今は科学的にも実証されている。

上述の話を思い出したきっかけが何かといえば・・・森鴎外の「半日」という小説。(はんにち、はんじつどちらで読んでもいいが、自分は「はんじつ」と読んでいる。)私はこの小説が大変気に入り、これに挿画してセルフパブリッシングしているが、そこにばっちり、「Autosuggestion」で目を覚ます、というくだりがあるのである。

これは鴎外初の現代小説にして、始めから終わりまで鷗外と等身大の主人公と鷗外の奥さんと等身大のその細君とが、嫁と姑の確執を起点とする心理的に血で血を洗うような夫婦喧嘩を繰り広げているというキテレツな話である。この小説の主人公、文学博士で大学教授の高山峻藏君の母親が、起きたい時間に「Autosuggestion」で起きる、という話が出てくるのだ。

この箇所を読んだ自分には、日本でも昔から起床のための自己暗示は知られていたのか、それとも大学教授を創るようなインテリ家庭である故、これを知っていた母堂は特別なのかという疑問が浮かんだ。

それにしても、これが書かれた明治末期も今も変わっていない自己暗示で起きられるという人間の機能って十分オカルトっぽい。ホルモン等が関係しているみたいだけど、試験の前などに緊張して眠りが浅かったり起きちゃったりするのとは別で、しっかり寝てるところからいきなり起きられるのはどう考えてもなかなかすごいよ・・。嫁姑の争いとか起床時刻の制御とか、この100年以上も前の小説は自分にとって妙に生々しい。

もちろん人間の関心事や生理は、そう容易に変わるものではないけれども、今もってそこでやってるみたいに得心できる形で描けるのは、やはり着眼とか筆の力の成すことであろう。

「奧さんは此家に來てから、博士の母君をあの人としか云はない。博士が何故母さまと云はないかと云ふと、此家に來たのは、あなたの妻になりに來たので、あの人の子になりに來たのではないと答へることになつてゐる。」(「半日」より)

 

同じカテゴリーの記事

  1. きれいにしたい

  2. 英語でケンカ、再び

  3. ロボットとアニミズム

  4. キタナくっても、大丈夫

  5. 雅な愚痴

  6. 制作!?    

Blog「原初のキス」