できることは何でも・・やらない

できることは何でもやる」という言葉を最近しばしば、しかもそこそこの識者や立場のある方々から聞くことが増えているが、個人的にはこの言い様があまり好きではないのである。
なぜならできることを全部やっていると結果としてプライオリティがめちゃくちゃになることが多いから。リソースというのは常に限られているので、むしろそれを前提に、やることとやらないことは必ずやセットで考えねばならない。

てなことを頼まれもしないのについつらつら考えてしまうのは、自分はややもすると、できることは何でもやろうとする陥穽に関単に落ちちゃうからなんですね。
つまりこれがワークしないことについては、かなりのリアリティ及び自信があるのである。

同じカテゴリーの記事

  1. 「アナログ」の出番

  2. 「現物」

  3. 嘘っぽくない

  4. 描けない

  5. 本日の妄想

  6. あいまいな日本の私

Blog「原初のキス」