必需品

犬を飼っていると、犬にも「皿」と「ざぶとん」という観念があるのがわかる。
絵を広げていてもわざわざその上にくわえてきたドライフードを乗せようとするので油断がならないし、また、「素」の床には、絨毯であろうとタイルであろうと、決して寝そべろうとせず、自分専用の敷物や、椅子からクッションやマットをひきずりおろしてきてその上に寝るのである。

皿やざぶとんて、素材や形・色などは「文化」かもしれないけど、その機能自体は、生命体のよりよき暮らしのための、必需品なのですね。

同じカテゴリーの記事

  1. 連れてかえってくれた犬の話

  2. ラブ君の歩きざま

  3. 見ることは

  4. 御託宣

  5. どのくらい鳴くのだろう

  6. 犬の答え

Blog「原初のキス」