絵画史上最強美男

ラファエロのビント・アルトヴィティの肖像(1515)。
モデルは成功した銀行家である裕福な若い男。傲慢でかつ不安げ、酷薄でも柔弱でもある微妙な表情で、相反する要素がひとつになっているものの魅力が横溢している。

これって産地になるべく距離のある味噌をまぜるとお味噌汁などがおいしくなると言われているのと同じ原理かな。

同じカテゴリーの記事

  1. 最近かっこいいと思ったひと

  2. ラウシェンバーグ「GLUTS」

  3. 「おそ松くん」と画力

  4. 北川健次氏の教え

  5. あるきぞめ、または、イムレ・トルマン

  6. 画家史上最強美男

Blog「原初のキス」