頭と手

以前絵を描く知人が、長い間全然筆を取らないので、「一向に描く気配がないではないか」と糾弾した処、

「オレは考えてるんだからいいの!」

と、言われた。

当時は冗談としか思えなかったが、これはそれなりに評価すべき、制作に対する一つの態度だ。

なぜなら、手ばかり動かすのは、考えてるだけより100倍悪い。

同じカテゴリーの記事

  1. 遊び

  2. 新作川柳

  3. 制作

  4. チャクラの色は使えるか

  5. 手のホームラン

Blog「原初のキス」