数でハッキリ

自分は全般的には物事を数字で示すのはいいと思ってる方なんだけど、突然超具体的に「8割」かー(直後にムリでしょ、と明言した人がいて、急速に膝から力が抜けた。笑かそうとしているのかしら)。アップルウォッチ?(使ったことない・・)とかなんか体に装着する的なもので、今日自分の2メートル圏内に入った人が何人だったか自動的にカウントしてくれたら、やる気が炸裂する人が多い気がする。より素朴には、手持ちカウンターとかを使う手もある。道具を使わなくても、自分の場合普通に頭で勘定しつつ散歩と不要不急でない用事の際に、やってみることが可能だ。

さほど冗談ではなく、数えるというのはモチベーション向上に対し至極有効だ。痩せたい、あるいは自分のように太りたいと思ってる人が恐る恐る体重計にのっかるのは、だから意味がある。因みにのらなくなったら、あるいはそもそも家に体重計がなかったら、そっちの方がかなり問題。

同じカテゴリーの記事

  1. 間違ってる感というもの

  2. 怪我の功名

  3. 「アナログ」の出番

  4. 耳がそばだった

  5. 昨今のお犬事情

  6. 描けない

Blog「原初のキス」