誘ったりだまされたり

美は、とても懐が深くて、どこにでも気軽に現れてくれる。
水をこぼしたら飛び散った水滴もきれいだし、ごみ箱の中の紙の重なりがきれいだったりもする。

でも同時に偏狭なところもあって、創ろうとすると隠れ、あえて見出そうとすると、フェイクを出してきたりする(思い入れたっぷりだと美しく見えるが、実際はそれほどでもないとか)。

美は迎えにいくものではなくて、環境を整えて、訪れを待つものだ。

乾いたところ、あるいは湿ったところが好きな生物がいるように、美が好む環境はあって(それは我々の意識や肉体の状況だったりする)、美術というのはつまり、美そのものを追及するというより、その好む環境や条件を少しずつ発見するようなことなのかしら。

そういえば絵を描く知人と話をしていて、筆で描いてからだって、コラージュだったら糊で貼ってからだって、筆跡あるいは貼った素材は、「ミクロンの単位だが、気合いで動く」ということが合意された。

結構祈るような気持ちで創っていることってあるものだが、意識のバイブレーションが、物質に微妙な物理的変化を及ぼすのかもしれぬ。

しかしこれにしても、自分の眼の中にだけある美に、実はだまされていたりして。

 

同じカテゴリーの記事

  1. 感情は考えてるふりをする

  2. コントラスト!

  3. 論理ではなく態度である

  4. ややこしい

  5. 好きのスケール

Blog「原初のキス」