人間と美

審美的な感覚って、人が人として持っていていいものだ。
例えば某国の為政者及び為政者候補が戦わせた議論が「美しい」か否かというのは、一人一人が自分の損得とは一瞬離れて感じてみたらいい興味深い問いである。

調子が悪い人は誰であれ早く治ってほしいなって思うけどね。(T氏のこと)

同じカテゴリーの記事

  1. 巧妙なる悪癖システム

  2. 彫刻家の絵画や版画

  3. Foundationは生き残る

  4. 墨の懐

  5. 音楽家、美術家

  6. 空気は可視化できる

Blog「原初のキス」