髪型 

モナリザはなぜあの髪型なのか。

コラージュの素材として古典絵画をよく見るが、女性は大抵の場合髪を結っていて、下ろしている人はあまりいない。

実際16世紀において髪を下ろしているのは少女か娼婦であったらしい。モデルと有力視されている豪商の妻があの髪型な訳がないのではないか。案の定というか、近年カナダ国立研究機構というところが3D技術を用いてモナリザを解析した処、彼女は元々髪を結っていたが、後日ダ・ヴィンチが髪を下ろした形に描き変えた可能性が高いらしい。

モナリザは、骨格などからダ・ヴィンチ自身の肖像であるという説があるが、幼い彼を残して他家に嫁いだ母親のイメージを投影しているとも言われている。母親と息子なら似ていても不思議はない。彼はこの絵をずっと手元に置いておいたし、理想化されつつも不可解な、少女にして娼婦たる母の存在を、あの髪型は示唆しているのかもしれない。

同じカテゴリーの記事

  1. 欠けたものの力

  2. 徐々に似る

  3. 悩める女

  4. 無常

  5. モナリザと色気

  6. ヘンな人

Blog「原初のキス」