ゲームと美術

2先日自宅から2つ先の駅のあたりまで散歩に出た際、その間ポケモンGOをしている人々に500人位遭遇しびっくりした(ソレをやっている方々は挙動というか動きが不審なのですぐそれと知れる)。あー、あー、こんなことに時間使っちゃって、という旧世代的感想がむくむくとわきおこる中、自分だって絵を描くことに血道をあげ、ここに脈がありそうだ、これをつかまえたい、と思ったら全力でエネルギーを投じたりしてるので殆ど違わない。ゲームとか美術とかは、極めて人間的な営為だ。だからある意味似ているところが多い。

 

同じカテゴリーの記事

  1. 龍とカエル

  2. 新元号は当たらなかった

  3. エジソンがいなければ

  4. インターネットは、えらいのか

  5. 論理的に腑に落ちないこと

  6. AIと絵画

Blog「原初のキス」