また落ちている

友達の知人が財布を落としたのだが、それが道に落ちている夢を見て、実際そこに見に行った。そうしたら、財布があった!

しかし、自分が落としたものとは別物だったので、交番に届けたそうである。

以前、道にボタンがたくさん落ちているという話を書いたが、なんだか同じような構造。

2つ話が集まるといきなり「教訓」が見えてくる。
即ち、探しているものは意識のフィルタリング、あるいは集中によって見いだされる。しかしそれが、必ずしもほんとうに探していたものとは、限らない。

 

同じカテゴリーの記事

  1. むらさき色のシンク

  2. 九官鳥ホテル

  3. おぢさまの味

  4. 正体は中にいる

  5. ものすごく落ちている

  6. 一番びっくりした抱負

Blog「原初のキス」