ファルブミッテル

イングリット・ヴェーバーの展示「ファルブミッテル」へ(タグチファインアート@茅場町)。

会場で砂浜の砂がところどころ濡れているような、つまりところどころ乾いているような、グレーの作品を見た。

作者は一回性の「光/色彩」というものを表現することに興味があるようだ。自分はそれが古びたビロードや砂のように、むしろ強固に「物質化された」ものに見えることに魅かれた。

ドイツの作家の日本での展示を見ると、ほとんど例外なく好きなのは、全体的に寒く、硬質で、透明な感じがあり、ストイックだからである。

イングリット・ヴェーバー 「ファルブミッテル」(タグチファインアート)

 

 

同じカテゴリーの記事

  1. Katrien De Blauwer @POST(恵比寿)

  2. ああいう大人になってもよい・・画廊劇『焚書都市譚(三月版)』…

  3. これ俳句 ~ 内藤京平「luna o lunar」@Bamb…

  4. 展示のリアル ~ クリムト展@東京都美術館

  5. 時間にも質量がある ~上野の森美術館大賞展

  6. 内気の威力 ~ ジョゼフ・コーネル展@DIC川村記念美術館

Blog「原初のキス」