ファルブミッテル

イングリット・ヴェーバーの展示「ファルブミッテル」へ(タグチファインアート@茅場町)。

会場で砂浜の砂がところどころ濡れているような、つまりところどころ乾いているような、グレーの作品を見た。

作者は一回性の「光/色彩」というものを表現することに興味があるようだ。自分はそれが古びたビロードや砂のように、むしろ強固に「物質化された」ものに見えることに魅かれた。

ドイツの作家の日本での展示を見ると、ほとんど例外なく好きなのは、全体的に寒く、硬質で、透明な感じがあり、ストイックだからである。

イングリット・ヴェーバー 「ファルブミッテル」(タグチファインアート)

 

 

同じカテゴリーの記事

  1. 東京コンテンポラリーアートフェア2009

  2. 迷宮への招待 エッシャー展

  3. 縁側の歌麿

  4. VOCA展2019で震え上がるの巻

  5. 第12回笹尾光彦展-花のある風景-

  6. 「螺旋回 – 石川九楊新作展」

Blog「原初のキス」