セレブもなげく

以前、「和泉式部日記」を読んでびっくりした。帝の皇子に愛され、彼が亡くなったあとその弟にも愛され、結局館に招かれるのだが、全編、主人公は「はかなし」という言葉を繰り返す。夫との不仲などの問題はあれど、人もうらやむという感じだが、そういうことではないらしい。

平安時代って、無常をよーく理解しているということがよほどかっこいいことだったのかな。まあそれは、現代においてもかなりかっこいいことだとは、思うけど。

同じカテゴリーの記事

  1. 英語でケンカ

  2. ものづくし

  3. だんご/まんじゅう問題

  4. 証明はできないが

  5. 童形なれば ~ 風姿花伝

  6. 何もない

Blog「原初のキス」