ラブ君の歩きざま

ドーベルマンのラブ君について、別のことを思い出した。

ラブ君の飼い主はお金持ちだったので、彼はコンクリート打ちっぱなし(で、暖房つき)の部屋を自分専用にあてがってもらっていた。私がそこの戸をあけると、大抵部屋の奥の方に座っていたが、私をみると立ちあがりそろーりそろりと、1分間に1メートルも進まないくらいゆっくりゆっくり、近づいてきた。ほかのときはそうでもないのに、このシチュエーションだとかなりの確率でそういう風に動くのだった。

後で調べてみたら、犬がそういう動き方をするのは、「獲物をねらっているとき」、ということであった。

同じカテゴリーの記事

  1. 御託宣

  2. 吠えるのをやめた犬の話

  3. 台風と、鳥や虫たち

  4. 知らなかったこと

  5. 犬の答え

  6. 必需品

Blog「原初のキス」