朝カラ 

自分のあまり人に公にしたくない趣味というか性向として、喫茶店やレストランなどで隣に座っている人々の会話に、つい興味津々となり聞き入ってしまう、というのがある。

先日近所の喫茶店で紅茶を飲んでいたら、30代くらいの女子ふたり組のひとりのその日の朝ごはんが、カレーライスに鶏のから揚げ5個をトッピングしたものだと知って、びっくりした。他にもこれまで聴いた話としては、高齢になるまで温厚至極のとてつもない人格者だった自分の旦那だか親だかが、ぼけてしまったあと極悪非道の人になったという件や、いかにもシュウト然とした年配の男性が、息子のヨメが自分のハラがとても弱いのを知りつつ、「豆もやし」をいつもおかずにいれるのでけしからん、と怒ってた(豆もやしってそんなに消化わるいかしら。結構好きだけど・・)話などがある。ほんとおもしろくてしょうがない。

自分の話もおもしろがられているかもしれない。でも自らはそのキモのとこがよくわかんないところが残念である。

同じカテゴリーの記事

  1. 全体と部分

  2. モデルとおじさん

  3. 自動販売機の中身に驚くの巻

  4. 金で買えないものたち

  5. サイレント給食と自由

  6. ほぼ80%の確率

Blog「原初のキス」