人間

横浜トリエンナーレ。ベルギーのミヒャエル・ボレマンス、ほんとうにほんとうにすばらしく、小画面ながらそこに「人間」が存在するのを感じる。

実際、「私はさまざまな人を描きますが、どれも特定の個人の肖像としてではなく、一般的な“人間”です。」とは彼の言。 「過度にコンセプチュアルな作品には、想像の余地がない。それは私がやりたいことではありません。」とも。(2008年のArt iTのインタビューより引用)。

横浜トリエンナーレ 2011

 

 

同じカテゴリーの記事

  1. 第12回笹尾光彦展-花のある風景-

  2. 最近のコレクション

  3. 早川祐太/ジェームス・ウェリング “Flow&#…

  4. びっくり

  5. 長谷川潾二郎の目

  6. 感覚のクリアネス

Blog「原初のキス」