美男美女の不思議

美男とか美女ってのは不思議なもので、たとえ100メートル離れててもそれが自分の視力の限界内であればはっきりと美しい!とわかる。こう言葉にすればややしょーもないかもしれないが、自分が描こうと人が描こうとおかまいなく、絵もそういうものであってほしいとは思う。少なくとも自分はそういう絵が好きである。

同じカテゴリーの記事

  1. 巧妙なる悪癖システム

  2. 「集中」の理想的形態~ダビデ

  3. 人魚とランチ

  4. あいだ

  5. 学びということ

  6. 傘と自転車の現代美術的様相

Blog「原初のキス」