見たまま

作品のタイトルって凝ろうと思えばいくらでも凝れるのかもしれないけど、以前シュテファン・バルケンホールというドイツの彫刻家の展示に行ったとき(シュテファン・バルケンホール「木の彫刻とレリーフ」@東京オペラシティアートギャラリー)、確かひっくりかえった縞馬の彫刻があって、題を見たら「ひっくりかえった縞馬」で、すごおくおもしろかった。素朴に見えるけど力強くてかっこいい彼の彫刻に見たまんまの題、というのがあまりにぴったしだった。

同じカテゴリーの記事

  1. 「河口龍夫展 言葉・時間・生命」@東京国立近代美術館

  2. 縁側の歌麿

  3. 束芋「断面の世代」展

  4. 王様に見せるのに・・・

  5. 目とポロック「生誕100年ジャクソン・ポロック展」

  6. 水の中の宝石

Blog「原初のキス」