アートはなぜ、人類の役に立つのか

自分はアートが人類の役に立つと考えている訳だが、それはなぜかと言うと、ものを真剣に作っている限り、自分の利益のために人を害したり利用したりしようという動機からは、それ(制作)を実行しているヒマがないからだ。

今目の前に展開している現象に注目している必要がありますからね。
これは創り手からの解釈だが、鑑賞している人であっても同様であろう。

本日のアート思考:「悪を成さない」

同じカテゴリーの記事

  1. ビジネスとアート

  2. 人魚とランチ

  3. イチローの引退会見と言葉とアート

  4. あの人の処遇

  5. 空気は可視化できる

  6. 学びということ

Blog「原初のキス」