見ればわかるということ

最近は、かねてよりデジタルデバイドぎみであった自分ですら(という割にWordpressサイトを苦労しつつもほぼ自力でなんとか作ったが)、動画で勉強する(美術技法とかビジネス関連とか)ということをしている。で、気づいたのが、言ってる中身が怪しくて情報価値に欠ける人は、見かけも相当に怪しいということだ。自分が言ってるのは表情とか服装、言葉遣い等々までを含みます。

やっぱり「見かけ」って大事。じゃなきゃ、見たまんまが結局ダイジな視覚美術なんてやってる意味ないよ。

本日のアート思考:「見かけで判断しよう」

同じカテゴリーの記事

  1. 彫刻家の絵画や版画

  2. 文法

  3. 水を味わうということ

  4. 墨の懐

  5. 定義

  6. 絵だけは描きたくない

Blog「原初のキス」