同じでもかまわない


源氏の君といえば世紀の大美男だが、先般日曜美術館を見ていて急に気づいたことは、はっきり言って源氏物語絵巻に描いてある源氏は、複数の男性が現場に登場していると、誰なのか不明である(因みにこの絵で上の方で柱に寄っかかっている人が彼)。
全員ソックリ。顔じゃなく他のお膳立てで見分ける仕組みなんだろう。

特に結論のない話だけど、なんか日本式象徴主義っていうか、真剣に考え始めると脳に汗をかきそうになってきたので、記録だけしておく。

同じカテゴリーの記事

  1. お正月の切り口  

  2. サムライ

  3. ハクセキのキコウシの豊かさ

  4. 制作!?    

  5. 門松のシュミ

  6. 白髪ねぎ制作工程を観る

Blog「原初のキス」